肝斑(かんぱん)・シミの治療法についてご紹介します。肝斑(かんぱん)をフォトフェイシャルやピーリングなどその方にあった治療法で改善し、美肌に。
シミの中でも紫外線と女性ホルモンが大きな原因と言われているのが肝斑(かんぱん)です。

たるみ ニキビ跡 フォトフェイシャル レーザー脱毛なら麻布皮フ科クリニック
診療時間 AM10:00−PM7:00(水曜日AM11:00−PM8:00 )
English
クリニック フリーダイヤル 0120-005-327
併設エステ フリーダイヤル 0120-890-992

 
 

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)とは


肝斑(かんぱん)とは、30〜40代の女性の頬や額などに左右対称に広がる地図状のシミが特徴です。

シミには、日光、加齢、女性ホルモンなどの様々な原因があります。
その原因によりシミの形態や病名、治療法も異なります。

シミの中でも、紫外線と女性ホルモン(妊娠、出産、ピルの服用)が大きく関係していると言われているが肝斑(かんぱん)です。肝斑(かんぱん)は、完治するのは難しいとされておりますが、改善させていくことができます。
また、個人差によりますが体調や生理周期によって、色の濃淡が変化することもあります。

それぞれのライフスタイルに合わせた治療法をお勧めします。※肝斑(かんぱん)の濃さにより治療法が異なることがございます。


 
 










肝斑(かんぱん)治療法


フォトフェイシャル  
※フォトフェイシャルはレーザーではありません。


内服(ビタミンC、トラネキサム酸)
外用(ハイドロキノン
ハイドロキノンとはメラニン色素の生成を抑える効果があります。できてしまったシミ・そばかす・肝斑(かんぱん)などの色素沈着などを改善する肌の漂白剤とも呼ばれ強力な美白効果を実感できます。ハイドロキノンクリームにアスコルビン酸20%配合されておりますのでより美白効果があります。

※高出力のシミ取りレーザーは有効ではありません。肝斑(かんぱん)を余計に濃くする可能性があります。






肝斑にお勧めのホームケア化粧品
【ナビジョン】TAローション
メラニン色素の生成を抑えシミ・ソバカスを防ぐ、薬用美白化粧水です。 トラネキサム酸(美白)配合。
150ml ¥6,000(税抜)

【ドクターズコスメ】
VC-IP7ジェルクリーム

浸透力と持続性に優れた脂溶性ビタミンC誘導体を高濃度配合。MS-PMDとマンガンサレンが、活性酸素を抑制します。
30g ¥9,500(税抜)

【エンビロン】
ピグメントローション

メラニン生成原因とされるMSH(メラノサイト刺激ホルモン)をコントロールするウンデシレノイルフェニルアラニンを配合した美白化粧水です。
80ml \8.500(税抜)

【SKIN CEUTICALS】
CEフェルリック

ビタミンC15%(L-アスコルビン酸)ビタミンE1%、そしてフェルラ酸を配合した美容液で、シミ改善、コラーゲン生成に働きかけます。
30ml \19,000(税抜)

【ドクターズコスメ】
抗酸化作用による老化防止・ハリ・美白に効果のあるビタミンCを高濃度に配合した化粧品です。
左から ビタミンCセラム10% 30ml \8000(税抜)  
ビタミンCセラム15% 30ml \9,000(税抜)

診療治療メニュー
UP
Copyright A-Clinic All rights reserved.