「美容外科」なら美容皮膚科・東京・恵比寿の麻布皮フ科クリニック。

たるみ ニキビ跡 フォトフェイシャル レーザー脱毛なら麻布皮フ科クリニック
診療時間 AM10:00−PM7:00(水曜日AM11:00−PM8:00 )
English
併設エステ フリーダイヤル 0120-890-992

 
 

目の上のたるみ

スレッドリフトは切らないリフトアップ!

たるみの原因となっている余剰皮膚を一部切除し、まぶたをしっかりと引き上げることでたるみを改善する治療法です。最適な部位で適切な量を切除し、自然なまぶたに仕上げます。経験豊富な医師が症状を見極めて、最適な部位で適切な量を切除するのでご安心ください。

目元たるみ改善メニュー、施術概要・効果の違い

個人の症状やご希望に合わせて最適な施術をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

上まぶたのたるみ取り
傷跡を最小限に抑えるため、二重ラインに沿って皮膚のみ切除します。それにより、たるみによって幅が狭くっていた二重がワイドになり、くっきりとしたラインが復活します。

全切開二重まぶた法
二重のラインに沿って皮膚と脂肪を取り除く方法です。腫れぼったいたるみの方に適応され、よりくっきりとした二重ラインの形成が可能です。

眉下切開法
眉毛の生え際に沿って、施術によって二重が形成されないため、「上まぶた」のたるみの原因である余剰皮膚や脂肪を取り除きます。施術によって二重が形成されることもないので、一重の方にもおすすめです。

二重埋没法
二重形成を目的とした施術です。糸で留めるだけの手軽さが魅力です。余剰皮膚や脂肪による強いたるみ改善には大きな効果が望めませんが、ダウンタイムが短くてすみます。

上まぶたのたるみ取り 全切開二重まぶた法
¥200,000〜¥300,000 ¥300,000
眼けん下垂 二重埋没法
¥450,000 ¥80,000
さらに麻布皮フ科クリニックのオリジナル!!
オリジナル複合治療で、「再発防止」「長期持続性」を実現!
下まつげのすぐ下を切開し、余分な脂肪のみを切除します。目の下のくぼみを埋めるように眼窩隔膜と脂肪を移動し眼窩隔膜に固定します。次に眼輪筋を頬骨の骨膜に固定し、眼の下のハリを出します。 余剰皮膚を切除した後、切開部を縫合して終了です
麻布皮フ科クリニック 院長 川嶋千朗

東京医科大学卒。皮膚科医。都内・関西等の皮膚科クリニックでの豊富な経験を持つ。

また、国内だけでなくアメリカ皮膚科学会やレーザー学会・抗加齢学会をはじめ、海外の学会に参加し、積極的に最新の治療技術を取り入れております。

日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会・日本香粧品科学会・ 日本美容外科学会・日本抗加齢会員・Dr. OBAGI 認定医・サーマクール認定医・日本レーザー学会認定医・米国レーザー医学学会会員・認定医・アメリカ抗加齢学会会員・レスチレン認定医・ダブロ認定医。

院長先生名
川嶋千朗
経歴
・東京医科大学卒
・都内関西等の皮膚科クリニック
・麻布皮フ科クリニック開設
現職機関
平成14年〜現在
Dr. 高橋 範夫
Dr. 高橋 範夫

経歴

2002年4月 東京大学医学部附属病院 形成外科
2011年3月 東京大学大学院 医学系研究科外科学専攻
      (形成外科学)修了

・都立墨東病院
・埼玉医科大学病院 形成外科
・埼玉医科大学 かわごえクリニック 美容外科 診療責任者
スケジュール
予約制
Dr. 吉見 公一
Dr. 吉見 公一

経歴

1990年  長崎大学医学部卒業
1990年  慶應義塾大学病院にて形成外科
1991年  大手美容外科勤務
1995年  大城クリニックにて美容皮膚科、レーザー治療
1997年  大塚美容形成外科にて美容外科、その他美容外科で院長を歴任。
2013年  リッツ美容外科 東京院
2014年  マックスファクス銀座クリニック、大塚美容外科 名古屋院
スケジュール
隔週 木曜日

診療治療メニュー
UP
Copyright A-Clinic All rights reserved.  ・プライバシーポリシー