副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)

たるみ ニキビ跡 フォトフェイシャル レーザー脱毛なら麻布皮フ科クリニック
診療時間 AM10:00−PM7:00(水曜日AM11:00−PM8:00 )
English
クリニック フリーダイヤル 0120-005-327
併設エステ フリーダイヤル 0120-890-992

 
 

副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)

副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)とは

副腎とは腎臓の上にある小さな臓器です。副腎の働きは、コルチゾールやアルドステロン、アドレナリンなど、生命維持に必要不可欠なさまざまなホルモンを分泌することです。副腎ホルモンの中でも重要なものは「コルチゾール」です。
コルチゾールは血圧を高めたり、血糖値を上げたりエネルギーを生みだしたりストレスに対抗したりととても重要なホルモンです。このコルチゾールの分泌が副腎疲労によって異常になってしまうことが「副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)」です。

副腎が疲労してしまう原因

ストレスを感じると副腎はコルチゾールを分泌します。しかし強いストレスを感じコルチゾールの分泌が過剰になってしまったり、長期間ストレスを感じ続けコルチゾールを分泌し続けたりすると副腎が疲労してしまい働きが弱まります。そして必要な量のコルチゾールを分泌できなくなってしまいます。

副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)の症状・兆候

・朝起きるのがつらい
・疲れが取れない
・塩辛い食べものが無性に欲しくなる
・倦怠感(エネルギー不足)
・日常的なことが、とても疲れる
・性欲の低下
・ストレスに対処できない
・病気や怪我、外傷(トラウマ)から
  回復するのに時間がかかる
・頭がクラクラする

・軽度のうつ
・人生のすべてが虚しい
・PMS(月経前症候群)の悪化
・カフェインがないと、仕事ができない
・思考が定まらず、ボーっとする
・記憶があやふや
・午前10時まで目覚めない
・午後3時から4時の間はぼんやりしている
・夕食後、やっと元気になる
・仕事がはかどらない

副腎疲労(アドレナ・ファティーグ)の検査

副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)の検査は唾液検査と蓄尿検査の2種類あります。

◆唾液検査   \19,500
1日4回唾液を採取することで鋭敏にコルチゾールの日内変動を知ることができます。
【下記は、グラフサンプルになります】

◆24時間尿ステロイド代謝産物検査   \49,500
24時間尿により体内のホルモン代謝を知ることができます。

2つの検査をすることで副腎疲労の進行の程度を知ることができます。



【有効期限/平成30年10月末日迄】            
※表示金額は全て税抜金額となります。           









診療治療メニュー
UP
Copyright A-Clinic All rights reserved.