English
  • HOME
  • ホルモン補充療法
  • 免疫ペプチド

免疫ペプチド

胸腺ホルモン(Thymalfacin)

このペプチドの主な機能は、免疫系の重要な部分である胸腺ホルモンを刺激することです胸腺ホルモンはまた、体内の免疫を発達させることにより抗体を産生します。このペプチドのもう1つの大きな利点は、組織の修復です。胸腺ホルモンは、損傷または損傷した組織の保護、再生、および再構築に重要な役割を果たすことがわかっています。

胸腺ホルモンは中枢神経を保護し、脳や神経に有害な前炎症性物質のバランスをよくします。

慢性疲労症候群、ストレス、免疫不全、B型肝炎に効果があり、ワクチンの補助療法としても使用されています。

最適な結果を得るために

生体同一ホルモンはペプチドと相乗作用があります。ペプチド分子がこれらのホルモンを制御および補充している間、体内のホルモンは絶えず規制および維持されています。ホルモン補充療法とペプチド療法を組み合わせると、最適な健康状態と高度なアンチエイジングをより高いレベルで体験できます。

麻布皮フ科クリニックに電話して、ホルモン専門医の診察を予約してください。

麻布皮フ科クリニック 院長 川嶋千朗

皆様へ

お肌トラブルの改善は、まずトラブルの原因を突き止めることが先決です。
その原因・症状に最も適した治療・施術を行なうことが『美肌への近道』となります。
私にもかつて、皆様と同じ女性としてのお肌の悩みがございました。ですからそんな私自身の経験を生かしながら、できるだけ効果的に皆様の美肌を取り戻したいと考えています。

プロフィール

東京医科大学卒。皮膚科医。都内・関西等の皮膚科クリニックで深い経験を持つ。
また、国内だけでなくアメリカ皮膚科学会やレーザー学会・抗加齢学会をはじめ、海外の学会に参加し、積極的に最新の治療技術を取り入れております。

アメリカ抗加齢学会ペプチド認定医・日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会・日本香粧品科学会・ 日本美容外科学会・日本抗加齢会員・Dr. OBAGI 認定医・サーマクール認定医・日本レーザー学会認定医・米国レーザー医学学会会員・認定医・アメリカ抗加齢学会会員・レスチレン認定医・ダブロ認定医。

院長先生名 川嶋千朗
経歴 ・東京医科大学卒
・都内関西等の皮膚科クリニック
現職機関 平成14年~現在 麻布皮フ科クリニック開設

麻布皮フ科クリニック ドクター紹介

高橋範夫

 2011年3月東京大学大学院 医学系研究科外科学専攻 (形成外科学)修了
 2002年4月東京大学医学部附属病院 形成外科
・都立墨東病院
・埼玉医科大学病院 形成外科
・埼玉医科大学 かわごえクリニック 美容外科 診療責任者

スケジュール 予約制
資格  ・医学博士(東京大学)
 ・日本形成外科学会認定専門医
 ・日本美容外科学会(JSAPS)
   認定専門医
 ・日本美容医療協会適正認定医
 ・日本抗加齢医学会認定専門医

医療法人社団 紘朗会 麻布皮フ科クリニック

〒106-0047
東京都港区南麻布4丁目14-6 プレシャス18 6F

アクセス
東京メトロ日比谷線
広尾駅徒歩6分
診療時間
AM10:00-PM7:00
(水曜日AM11:00-PM8:00)
当院の治療は全て自由診療となります。

お電話でのご予約・受付はこちら